交通事故から守る

今は、日本中どこに行ってもたくさんの車が走っています。
ですから、交通事故の心配があるのは、日本中どこも同じなのかもしれません。
特別交通量の多い場所だけなく、普段はそれほど交通量が多くはなく、その為油断したことで交通事故にあうなどのこともあります。
そんな中、どうしたら小さな子供を守ることができるのか、全てのお母さんお父さんが心配していることだと思います。

子供の交通事故で一番多いのが飛び出しです。
飛び出してはいけないということを学校や家庭でも教えているはずなのに、それでも飛び出す子は少なくありません。
ですから、どうかお父さんお母さんも、口で説明して飛び出すなと伝えるだけでなく、子供がよく歩く場所に子供と一緒に行ってその場でしっかりと説明しましょう。
人は聞いただけよりも視覚と一緒に伝えた方がより理解しやすく忘れにくいものです。

また、子供が巻き込まれる交通事故が最も多く発生しているのが、午後4時から6時。
次に多いのが午後2時から4時です。
つまり、学校から帰ってから遊んで家に帰るまでの時間に多く発生していることになります。
月別に見ると、5月から7月に多く発生している傾向もあります。
他にも、中学年以降になると今度は自転車に乗っている際に交通事故にあうことが多くあっています。
自転車に乗る場合は、ルールをきちんと教えてあげる必要があります。
ここでは、交通事故から子どもを守る為にできることを紹介します。
是非参考にしてみてください。



◆注目サイト
交通事故の発生から示談交渉までの流れについて弁護士が解説しています → → 交通事故 示談交渉